福祉の業種を紹介します

福祉にはどういった業種があるのかについておおまかに説明していきます。
まず最初に介護関係の仕事があります。
この介護関係の仕事は高齢者や障害者の方の介護をしたりするのが主な仕事です。
次に保育関係の仕事です。
これはまだ小さな子供に生活習慣や団体行動を身につけさせ、この先の教育に必要な基礎となる部分を子供に教える仕事です。
次にソーシャルワーク関系の仕事で、これは相談や援助などが主な仕事になっており、社会福祉士がこれにあてはまります。
最後に保険や医療関係の仕事があります。
主に医師の医療をバックアップする看護師などもこれにあてはまり、理学療法士や作業療法士といった職業も該当します。
このほかにも福祉の業種には福祉そのものを支える業種もあります。