介護サービス サービス事業所の多様化

社会保障制度の下で暮らす私たちにとって、福祉サービスを利用する機械が増えています。
とりわけ「介護保険制度」の開始以来、介護サービスとしての福祉利用が増加しています。
介護サービスを提供できる業種は、市町村から委託されていた社会福祉法等と決まっていました。
しかし制度施行以来、様々な民間業種の参入がはじまり、事業所が多様化してきました。
株式会社や有限会社、非営利団体等が参入し、大きく拡大しています。
これらの業種は地域に根ざして活動することが多く、地域福祉サービスを実現させるために貢献しています。
その地域ごとでのニーズに対応し、利用者へよりきめ細やかなサービスを提供できることが出来ます。
また、地域の人材を採用することで、地元の経済発展に役立っています。